読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

留学しないで英語をなんとかしたい

留学もしないで英語が仕事で使えるようにするために苦労しているおじさんのブログです。

2つめの信号を右に

単語

昔からなぜか、外国人によく道を聞かれます。英語が話せそうに見えるのか、もしくは人がよさそうに見えるのか。

 

でも、道案内はなかなか難しいものです。

 

「この先二つ目の信号を右にまがり、200m進むと交番があるのでそこを左に」

なんてのは、すらっと出てきません。

 

 まず、最初の「二つ目の信号を右に」というところでつまづきます。

 

 「信号」って、なんだっけ? 理系はすぐ思いつくのが、電気信号、"signal"です?

 

"signal"でも通じるようですが、どちらかというと"traffic light"の方が英語の参考書ではよく出てきます。

 

 ちなみに、「二つ目の信号を右に」は、"Turn right at the second traffic light."になるようです。

 

 ビジネス英語ばかりだと、基本的な日常会話の単語は出てこなかったります。道案内の英語などは、日本にいるビジネスマンにとってはある意味非日常で、業界のビジネスの話、マーケットの予測などの方が日常英語なのかもしれません。

 

 で、基本的な単語を学ぶならこちらがおすすめです。

Word by Word Basic Picture Dictionary (2E)  Picture Dictionary (Bilingual Edition)

Word by Word Basic Picture Dictionary (2E) Picture Dictionary (Bilingual Edition)

 

 

「信号」以外にも「交差点」といった生活で使う単語、他にも「喉が詰まる」、「顔がむくむ」といった表現などが、絵付きで解説されています。おすすめです。